So-net無料ブログ作成

受刑者に子犬を 豪介助犬育成の取り組み [社会]

pupsinprison.jpg豪介助犬協会では、過去約8年に渡り、将来介助犬として活躍するための子犬を刑務所に送り、受刑者に世話係を託している。同協会にとっても、受刑者たちにとっても、文字通りの"Win-Win Situation" (相互に得るものがある)の取り組みとして、好評を得ている。

[犬][トイレ][手(パー)][目][くつ][トイレ][犬]

「塀の中の子犬たち」の取り組みは2002年11月、当時のリチャード・アメリーNSW州受刑者収容サービス相が導入したもの。第一弾として2匹の子犬が同州バサースト郊外にある軽犯罪者向け刑務所に贈られた。子犬たちは約1年半の間、3段階のプログラムにそって、世話係の受刑者から、人間との信頼関係の構築を中心に、基本的なしつけや訓練をうける。同期間は、介助犬協会の専門スタッフが定期的に刑務所を訪問し、子犬の訓練を補佐したり、刑務所のスタッフや受刑者に必要なアドバイスなどを行う。子犬の世話係を担当した受刑者は、責任のある役割を果たすことの喜びと意義を学び、将来の更正や社会復帰にも大いに役立っているという。NSW州では現在、ほかに3ヵ所の刑務所でこうした取り組みが行われている。

 [犬][トイレ][手(パー)][目][くつ][トイレ][犬]

介助犬の養成には、2年の年月と一匹あたり2万5千ドル(約200万円)の費用がかかる。介助犬の支給を希望する志願者には、無償で提供している。豪州国内では現在、約180人の障害者の人たちが介助犬の恩恵を受けている。一方、介助犬の養成は依然として需要に間に合わない状況で、協会では資金的援助やコミュニティーレベルのボランティア協力を募りながら、介助犬養成活動に力を入れている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。