So-net無料ブログ作成

豪報道大手AAP 社内記者のツイッターに“待った”

twitter.jpg豪通信大手AAPは、社内ジャーナリストの勤務時間におけるツイッター利用規制に乗り出した。AAP通信という看板を背負って記事を書く立場にあるジャーナリストが、ツイッターやSNSを通して個人の見解や心情を外部に吐露する事で、企業ブランドが損なわれることを懸念しての対応。

[映画][TV][メモ][モバQ][TV][映画]

AAP通信のトニー・ギリース編集長は、「問題なのは勤務中の使用だ。目の前で事件や情報が展開されているのに、そこから目をそらして、自分の中の思いや考えを発信すれば、その情報がAAP通信の見解として世に出ることになる」と指摘。「たとえば、ある事件に関して、記者が個人の意見として理解しがたいとか、仕事がつまらないとかつぶやけば、それはまわりまわってAAPのブランドに傷をつけることになる」と、説明した。「ツイッターやフェイスブックなど、SNSの存在はもはやメディアには欠かせないもので、その利用や機能を否定するつもりはない。ただ、企業に属する社員としての立場での利用がもたらす影響について、注意深く考え、扱っていかなければならない」と付言した。同社では、社員向けにSNS利用の手引きをあらたに作成中だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。